ビールを使ってヘアパックをしてみる。

ビールを使ってヘアパックをしてみる。

先日友人から聞いた話ですが、新宿 美容室
へ行ったときに聞いた話です。飲み残したビールがあったので何とか有効利用できないかとネットを使って調べてみました。有名な使い方ではぬか床がある場合はその中に入れると漬物の風味が増すとかよく聞きますね。また、お肉などをつけてもやわらかくなったりすると言います。天ぷらの衣液に入れるとさっくり揚がるというのも聞いたことありますね。ですが、今回はビールを使ってヘアパックを作ってみることにしました。ただし、これはアルコールが頭皮からも吸収されますので、お酒に弱い人などには全く向いていません。前々から残り食材を使った美容系の記事などを読んで一度やってみたいなとずっと思っていたのでようやくその希望が叶いました。まず、ビール100mlぐらいにオリーブオイルを大さじ1それにタマゴを1つ入れてよく混ぜます。ヘアパックの準備はこれでOKです。次に髪の毛をお湯で洗って湿らせます。そこに作ったヘアパックをしっかりと毛先や頭皮に塗りこむようにマッサージしていきます。そして待つこと20分。20分たったらしっかりと洗い流していつもどおりシャンプーするだけです。たったこれだけですが髪の毛はさらさらでふわふわにボリュームも出ますよ。ビールには髪の成長に欠かせないアミノ酸やビタミンB群、亜鉛、カリウム、マグネシウムなどのミネラルがたくさん入っています。オリーブオイルとタマゴもそれぞれでヘアパックに使えるくらい髪の毛にいいんです。できれば月に2回くらいヘアパックすることをおすすめします。