人間の皮膚や毛髪はph4〜6の弱酸性

美容師を続けていたら気付かなかった事

美容師の中には、色々と考えた末に転職していく人も多くいます。同じ業界に就職する人もいれば、お店を変えて美容師を続ける人もいますし、全く違った業界に就職する人もいます。そんななかで、サラリーマンへと転職した人の多くが驚くことが、「休憩時間がきちんと確保されている」と言う事のようです。それってあたりまえじゃない?と思ってしまうでしょうけれども、多くの美容師たちにとって、休憩が何時から何時まで、と決まっている生活、というのは考えられない事だったのです。お客さんが途切れた間に、パッと食事を済ませる、と言う感じでしか休憩と言うものは無かったに違いありません。ですから「あと何分で休憩時間!」というワクワクする気持ちも、美容師は知らないものです。ですからサラリーマンへと転職した美容師なら、こんな働き方で良いのか?と最初は疑問に思う人もいるかもしれませんね。たかだか休憩時間がもらえる、と言う事がそんなに嬉しい、と言う事はそれまでがどんなに過酷な仕事だったか、と言う事になりますね。決して他の職の人がさぼっている、と言う事ではなくて、美容師と言う職がいかに他の職と比べて過酷であったか、と言う事を知るのが、皮肉な事に自分が美容師を辞めて転職して体、という事になるのでしょうね。