サロンへの期待

サロンへの期待

「サロン」という言葉に対するイメージはその名前を付けた経営者やスタッフ側と、お客さん側とでは多少意味合いが違う所もあるかもしれません。もともとサロンという言葉には「人が集まる場所」という意味があります。それもどちらかというと一般庶民ではなくて選ばれた人が集まるところ、というイメージがあるのではないでしょうか。つまりそういう品格のある人たちがその場所に対して自分が行く価値のある場所、と感じてそこへ通う、というイメージです。ですから当然サロンの経営者は何もしなくても人々が惹かれて集まってくるような美容室にする事が望ましいと思うんですね。つまり躍起になって集客をする事は、ちょっとサロンのイメージを壊してしまうのではないでしょうか。サロンという名前でありながら無料クーポンをたくさん配布する、とか迷惑がられるほどの勧誘をしたり、という事はなんとなくサロンのイメージにそぐわないような気がします。もっともサロンの定義というものが南アらかの形で定められている訳ではないので、個人の意見は色々あると思いますけどもね。ですがサロンと名がつくからには、人々が美容室と呼ばれているとこには無い何かを期待している事は、間違いないのではないでしょうか。厳密には「美容室・美容院」と「サロン」という定義の違いは無いにしても、美容室をオープンさせる時にオーナーや店長さんはそのどちらかをネーミングとして使う事が多いですよね。そしてもしもその美容室の店名に「サロン」という言葉が入っていたら、それを見る人の印象としては単純に「髪を切ってパーマをかけてカラーをするところ」と言う印象ではなくて、「少し高級で非日常的で髪に関する事にとどまらず美に関する全体的な事にこだわる空間」と言うイメージを持つのではないでしょうか。やはり「サロン」という言葉には美容室や美容院と言う響きが持ち合わせていないイメージがあると思います。ですからそういうネーミングの美容室であるならば、人々の層いう期待感やイメージを壊さないような経営や営業をしていく必要があると思われますね。「サロン」という名前が付いているのに、そこには行ってみるとなにも他の美容室と違う点が見受けられない、というのでは人々の「サロン」への期待感を裏切ってしまう結果となるでしょう。もちろん、そんな意味も無く「サロン」という言葉を使用する場合もあるかもしれませんが、やはり人々の中ではもはや「サロンは美容室や美容院とは少し違う場所」と言うイメージが出来上がってしまっている様な気がします。竹ノ塚 美容院