私は美容室のシャンプーが苦手

美容師アシスタントの生活

そもそもどうして美容師のアシスタンとの生活、というのはその様にキツイ、苦しい、という事になってしまうのでしょうか。確かに元々の給料が良くない、という事はあるようです。一般的な企業に就職する事を考えたら、手取りの給料にはかなり差があるようです。そしてさらにアシスタントたちを悩ませるのは、自己負担となる仕事のための出費が多い、という事があるようです。ライバルたちに差をつけようと思えば、人よりも勉強しなくてはいけませんが、そのための練習にかかる教材費や技術を学ぶための講習に参加するためにも講習費がかかります。それらは全て自腹だと言われています。またまず美容師は美容師として必ず持っていなくてはいけない道具があります。まずはハサミですが、そのハサミも一種類だけではありません。そのほかにもコームやウィッグと言った練習に必要な費用がかかります。それらの支払をすると、手元に残給料が10万円を切ってしまう、というような月もざらにあるようです。さらに一人暮らしをしていれば、当然家賃や光熱費などの生活するための必要経費が掛かります。おそらく手元に残る自分が自由に使えるお金、というのは数万円だと考えられます。他にも同じような業界はあるかもしれませんが、美容師アシスタントの生活は、その多くを仕事のための出費で占められてしまっているようです。三軒茶屋 美容院